「フェイスライン」のたるみは、気づかないうちに進行していることが多いようです。

原因も様々で、太ったことで脂肪や肉が付いたから…というシンプルな理由でないこともあり、体重は変わっていないのに、フェイスラインだけがたるんでしまうことも多々あります。

今回は、そんなフェイスラインのたるみや二重あごなど、フェイスラインが崩れる原因や対策方法をご紹介します。

目次

老廃物が原因?フェイスラインのたるみとは
たるんだフェイスラインをはっきりさせたい!カンタン解消方法
たるみを根本改善!フェイスラインを上げる方法
二重あごを解消!フェイスラインのたるみの原因&解消法とは?
フェイスラインの崩れ防止!!目指せアンチエイジング!
即効性アリ!?フェイスライン引締め法
フェイスラインにも影響が!?コラーゲンの劣化がまねく弊害とは

老廃物が原因?フェイスラインのたるみとは

頬やあご周りのフェイスラインがコリコリと固くなっていませんか? あなたのフェイスラインがこのような固さを感じていたら… もしかして、老廃物が美肌の邪魔をしているのかもしれません。
老廃物が溜まってしまうと、私たちの肌はどのようになってしまうのでしょうか? 老廃物が溜まらないようにするための方法など、詳しくご紹介します。

老廃物が溜まるとどうなる?

人の体には、たくさんのリンパが流れています。
これにより、体内の細胞へ栄養素や酸素を供給しています。
不要な二酸化炭素や毒素などは、リンパを通じて体外へ排出させています。

このリンパの重要な働きは、冷えや食生活の乱れ、生活習慣やホルモンバランスの崩れなどが原因となり、働きを乱してしまうことがあります。
リンパが正常な役目を果たさなくなると、体内の老廃物が排出されなくなってしまい、体の老化や肌のたるみへと繋がってしまうのです。
フェイスラインに老廃物が溜まってしまうと、二重あごなどの顔のたるみにも繋がってしまうのです。

老廃物が溜まるのを防ぐには?

体内に老廃物を溜めないようにするためには…体内に取り込まないようにすることと、溜め込まずに排出することが大切です。

加工食品や清涼飲料水などには、糖質や食品添加物、化学物質などが過剰に含まれています。
良質な栄養素を摂取するためにも、摂取する食品にはこだわって選ぶことが大切です。
規則正しい食生活で、老廃物を体に取り入れることを防ぎましょう。

老廃物を体内に溜め込まないためには、適度な運動を生活に取り入れることが必要です。
ヨガやウォーキングなどの有酸素運動を継続的に行っていくことで、リンパの流れを整え、老廃物を溜め込まないような生活を意識しましょう。

溜まった老廃物をマッサージで解消!

では、体に溜まってしまった老廃物、マッサージで解消していきましょう。
マッサージの際は、肌への摩擦刺激を避けるために、マッサージオイルやクリームを使用しましょうね。

【1】鎖骨の周りを指で軽くさするようにして、リンパの流れを促進させていきましょう。

【2】両手の人差し指を曲げた状態で、関節部分をあごの中心部から耳の方向へ向けて動かしながら刺激していきましょう。

【3】老廃物を耳の下から鎖骨方向へ向けて、ゆっくりと動かしていきましょう。

【4】そこから、鎖骨方向へ向けて、優しく流していきます。

お風呂上がりなど、体の温まった血行の良い状態でマッサージを行うことが有効です。
定期的に行って、老廃物を溜め込まず、スッキリしたフェイスラインを保ちましょう。

たるんだフェイスラインをはっきりさせたい!カンタン解消方法

あご周りのたるみ、気になっていませんか? フェイスラインがスッキリしないと、だらしなく疲れた印象を与えてしまいかねませんよね。
そのフェイスラインのたるみ、原因は一体何なのでしょうか? あご周りをスッキリ解消して、美しさを取り戻す方法、確認してみましょう!

フェイスラインがさえなくなる原因とは?

どうしてフェイスラインはぼやけてたるんでしまうのでしょうか? その最大の原因は、リンパのつまりによるものと言われています。
健康な状態の私たちの体は、リンパによって余分な老廃物を流していきます。
しかし、この働きが弱まってしまうと… この老廃物が肌の内側にある細胞の隙間に入り込んでしまい、むくんだり腫れぼたっい印象を与えてしまうのです。

老廃物の停滞は、ひどいむくみを引き起こす原因の一つとなってしまいます。
不要なものが体に蓄積されてしまうからです。
老廃物が溜まっていくと、肌のたるみやくすみ、ニキビやシワなどの肌トラブルへと繋がるとも言われているのです。

フェイスラインのたるみやぼやけた印象に気付いたら、早めに対処してみることがおすすめです。

ぼやけたフェイスラインを解消させる方法とは?

溜まった老廃物を解消し、顔のむくみをスッキリ取り去りましょう。
そのための効果的なマッサージ法、ご紹介いたします。

これでスッキリ!リンパマッサージ

【1】鎖骨の下にあるリンパを刺激していきます。
鎖骨の内側から外側に向かって、人差し指・中指・薬指の三本の指で優しく流すようにマッサージをしていきます。

【2】そのままあごから耳の方向へ向かい、なぞるようにしてマッサージしていきましょう。

【3】小鼻の両脇から耳の前に向かって、中指で優しく流すようにマッサージします。

【4】続けて目の下から耳の前に向かいマッサージします。

【5】耳の前から首筋を通って、もとの鎖骨の場所まで流していきます。

リンパは、皮膚の約3~4ミリ下あたりのところに流れているので、圧は強すぎずさする程度の力でマッサージしていきましょう。
肌への刺激が気になる方は、マッサージ用のクリームやオイルを手につけてから行うこともおすすめです。

顔全体のむくみを解消したいときには、蒸しタオルを顔に当てるなど、血行を促進させることも効果的です。
むくんだまぶたには、親指を使って目の周りに軽く圧をかけていくことが有効です。

顔やフェイスラインのむくみを解消して、さえないぼやけたフェイスラインをスッキリ解消していきましょう!

たるみを根本改善!フェイスラインを上げる方法

鏡に映った自分の顔を不意に見たとき、あまりのたるみに愕然としてしまった…そんな経験はありませんか? 加齢と共に顔の筋肉は衰え、肌の弾力も失われていきます。
これによって、顔がのびきった風船のようにだらしない印象を与えてしまうことがあります。
たるみ始めたフェイスラインを引締め、フェイスラインをアップさせてみませんか? 今回は、たるみの原因と解消法をご紹介します!

フェイスラインがたるんでしまうのはなぜ?

顔のたるみは、加齢に伴う筋力の衰え・弾力の低下が原因とされています。
また、血行不良が原因となり、たるみに繋がってしまうことも…。

若い頃の顔の脂肪は、筋力の力で支えることが出来ます。
しかし、年齢と共に支える力が弱まってしまうため、頬から首筋にかけてのたるみに繋がってしまうのです。
パソコンやスマホ利用の時間が長くなるほど、顔を下に向ける時間は長くなってきますよね。
この時の姿勢は、首に大きな負担をかけるのです。
首回りの筋肉が凝り固まることで、血行不良によるリンパの滞りを引き起こし、フェイスラインのたるみの原因となってしまうのです。

フェイスラインをアップさせる方法とは?

たるみがちなフェイスラインを上げる方法をご紹介します! 効果的にフェイスラインを上げるには、表情筋を鍛えることが必要です。
エクササイズで効果的にリフトアップを目指しましょう。

フェイスラインを上げるエクササイズ

【1】「あ」の動きで口を大きく開き、10秒間発声します。
声に出しながら、目を大きく見開くようにしましょう。

【2】口を「い」の状態に開き、①と同様に10秒間発声します。

【3】口を思い切りすぼめて「う」のかたちにし、10秒間発声します。
この時、出来るだけ唇を前に突き出すようにして行いましょう。

【4】続いて、「え」「お」の口の動きでそれぞれ10秒間発声します。
目を見開きながら行いましょう。

あいうえおの発声法で表情筋をエクササイズしたら、 続いてたるみに効果的なマッサージを行いましょう。

フェイスラインを上げるマッサージ

【1】肌負担を軽減させるために、手にマッサージクリームを塗ってから始めましょう。

【2】右手の指四本を使って、左の鎖骨のくぼみを外側から内側に向かってさすりましょう。
続いて、左右逆にして行って下さい。

【3】口角に指三本をあて、そこから目の下までのラインを優しくなぞるようにしながら、首筋を滑らせるようにして鎖骨まで戻していきましょう。

【4】次に、顔の内側から外側に向かって、優しく円を描くようにクルクルとマッサージしましょう。

耳の下あたりから首筋にかけてのラインをマッサージすることで、リンパの流れをスムーズにすることが出来ます。
体調や肌のバランスを意識しながら、マッサージを無理せずに行うようにしましょう。

二重あごを解消!フェイスラインのたるみの原因&解消法とは?

若い頃に比べて、あごのラインがいまいちスッキリしない…そんな人はいませんか? あごや顔のたるみが原因で、二重あごになってしまっていませんか? 二重あごの原因は、肥満による体重増加のせいだけではありません。
スッキリしたフェイスラインを保つために、二重あごの原因&解消法を見直してみましょう。

二重あごの原因とは?

体重増加で二重あごになることもありますが、じつは生活習慣によって引き起こされてしまうことがあるのです。
日頃から姿勢が悪い人の多くに、「痩せているのに二重あご」という人が多いことをご存じでしょうか? 猫背で背中を丸めていると、顔が下向きになってしまうため、あごや頬のたるみに繋がってしまうのです。
また、パソコンやスマホの長時間利用は、前傾姿勢になり易く、姿勢の悪さを助長しかねません。
姿勢を正すことで、顔やあごのたるみを解消していきましょう。

その他の原因として、表情筋の筋力低下が挙げられます。
体の筋力が落ちていくのと同様に、顔の表情筋も加齢とともに下がっていきます。

頬やあご周りの脂肪は重みがあるため、支える筋力が落ちてしまうと、それだけたるみやすくなってしまうのです。

二重あごの解消法とは?

普段から気をつけていきたい、二重あご解消のポイントとは、どのようなものが挙げられるでしょうか?
衰えがちな表情筋を鍛えるエクササイズを実践してみましょう。
初めに、顔を上に上げましょう。
上を向いた状態で、舌をつきだし、左右に動かします。
これを30セットくらい行いましょう。
首筋からあごにかけてのラインが、引き締まっていることを意識しながら行うのがポイントです。
これを一日三回続けることで、あごがスッキリしていくでしょう。

姿勢を整えることも、大きなポイントです。
スマホ利用の際には、視線が下に向かないようスマホを目の高さまで引き上げましょう。
パソコンは首筋の筋肉が凝り固まらないよう、適度にリフレッシュの時間を取り、首を回すなど心がけましょう。

姿勢の悪さが体に定着してしまうと、正しい姿勢をキープすることが難しくなってしまいますよね。
そんな時には、壁にかかと・おしり・肩・頭がつくように立ち、まっすぐのラインを体に覚えさせてみましょう。
まっすぐ立つことは、意外と簡単ではありません。
ゆがみや猫背の解消には、この壁にそって立つ姿勢を、5分間キープしてみましょう。
慣れるまでは体に力が入って苦しいかもしれませんが、 美しい姿勢を体に教え込むことが出来、ゆがみや姿勢の悪さを解消するにはおすすめの方法です。

姿勢を正しく保ち、笑顔の多い生活を続けてみませんか? これだけで、二重あごのたるみを解消するだけでなく、フェイスラインがスッキリした若々しい表情を手に入れることが出来るはずですよ。

フェイスラインの崩れ防止!!目指せアンチエイジング!

加齢とともに、、フェイスラインにもたつきが出たと感じていませんか? ふとした瞬間の表情に疲労感を感じたら、それはたるみが原因かもしれません。
見逃せない老化のシグナル…原因を突きとめて、しっかりアンチエイジングしていきましょう!

なぜフェイスラインがもたつくの?

フェイスラインがスッキリしない最大の原因、それは加齢によるたるみです。
私たちの肌は、表皮・真皮・脂肪の順に構成されています。
この更に下に、筋肉があるのです。
加齢に伴う表情筋の筋力低下が、たるんだ印象を与えてしまうのです。
真皮を支えるコラーゲンとエラスチンと呼ばれる成分は、加齢とともに減少傾向にあります。
50代になると、若い頃の約半分にまで減少してしまうと言われています。
フェイスラインがもたつく原因は、加齢に伴う筋力低下と、ハリや弾力を保つ成分の減少が挙げられるのです。

フェイスラインのもたつき解消法とは?

フェイスラインの崩れは、あごの筋力を鍛えることで解消できると言われています。
あご周りの筋力が衰えていくと、顔全体がたるんだ印象を与えてしまいかねません。
簡単エクササイズであご周りの筋力アップを目指し、加齢によるたるみを解消しましょう。

あごのたるみ解消!簡単エクササイズ

【1】大きく口を「あ」の状態に開き、目を見開いて10秒間キープしましょう。

【2】同じようにして、「い・う・え・お」も、口を大きく動かして行いましょう。

普段話をするときよりも、大きく口を開けるように心がけ、目を大きく見開くことで、よりエクササイズの効果がアップするでしょう。

ほうれい線がくっきり出てしまった頬は、疲れた印象を与えてしまいがちですよね。
そんな方には、舌をくるりと回すエクササイズで解消してみましょう。

ほうれい線撃退エクササイズ

【1】口を閉じ、歯にそって歯茎をなぞるように舌を動かしましょう。
はじめは左方向へ20回ほど回しながら動かします。

【2】続いて、反対の右方向へ20回ほど回しながら動かしましょう。

【3】この動きを、左右各20回3セット行ってみましょう。
気になるほうれい線も、徐々に解消していきますよ。

加齢に伴うフェイスラインのもたつき…疲れや老けた印象を与える原因にもなってしまいますよね。
出来るだけ笑顔を心がけ、エクササイズで表情筋を鍛えることで、若さあふれるフェイスラインを作るように心がけていきたいですね。
気がついたときにちょっとしたエクササイズを続けてみる、これだけで、表情はグッと若返るはずですよ。
たるみとは無縁のキュッと上がったフェイスラインを手に入れたいですね!

即効性アリ!?フェイスライン引締め法

ふとしたときに鏡に映る自分の顔… 自覚していた以上に顔がたるんで疲れた印象だった、そんな経験はありませんか? 顔のたるみやフェイスラインのぼやけは、疲労感やだらしない印象を与えてしまいます。
今すぐ解消したい!そんな方におすすめのフェイスラインの引締め法、ご紹介します。

これでスッキリ!たるみ解消マッサージ法

加齢とともに、私たちの体の筋力は低下していきます。
顔の筋肉もこれと同様に、引き締まった顔を作る表情筋も、加齢とともに弱まっていきます。
表情筋の筋力低下は、顔のむくみやフェイスラインのもたつきに直結してしまうのです。
顔のハリをなくし、垂れ下がった脂肪で顔をふけた印象にしていませんか? 顔のたるみは二重あごの原因にも繋がっていきます。
素早くお手入れを開始していきましょう!

たるみ解消マッサージ

おでこの筋力をアップし、顔を引締めるマッサージです。

【1】右手で左眉の上あたりのおでこに親指を当てます。ここから少し顔を引き上げるようにしましょう。

【2】首を右手で軽く掴むようにしながら、斜め後ろ45度の方向へ傾けていきます。

【3】顔が上を向くようにしていき、顔から首筋にかけての筋肉を伸ばすように意識します。

【4】同様にして、反対側も行いましょう。

頬のたるんだ筋肉を引締め、首筋のリンパも流すことで、スッキリとしたフェイスラインを取り戻しましょう。

むくみ解消マッサージ

顔のむくみを解消して、即効性の期待できる顔の引き締めをはかりましょう。

【1】濡らしたタオルをレンジで1分ほど加熱し、即席の蒸しタオルを作りましょう。
冷水で濡らした冷たいタオルも用意します。

【2】初めに、温かい蒸しタオルを約3分顔に当て、その後冷たいタオルで1分顔に当てましょう。

【3】これを3回から4回ほど繰り返します。
血液の流れに刺激を与え、血行促進を目指しましょう。

【4】首を左右三回ずつ回します。

【5】鎖骨の下あたりに指四本を置きます。
鎖骨周りを左右20回ずつ圧をかけてほぐしていきます。

【6】鎖骨から耳の前あたりに向かって、下から上に流すようにマッサージしましょう。
この時、指は滑らせるように動かし、強すぎる圧をかけないように気をつけましょう。

フェイスラインをスッキリさせることで、顔の印象はかなり違ってきますよね。
筋力低下を防ぎ、むくみを解消していくことで、スッキリとしたフェイスラインを取り戻しましょう。
メイク前や風呂上がりの隙間時間を利用した一手間で、ぐっと美人度をアップさせていきましょう。

フェイスラインにも影響が!?コラーゲンの劣化がまねく弊害とは

年を重ねると共に、フェイスラインがぼやけた印象になると感じていませんか? あごや顔周りのたるみ、その原因の一つにコラーゲンの劣化が含まれていることをご存じでしょうか。
コラーゲンが劣化すると、私たちの顔にはどのような影響があるのでしょうか。

コラーゲンの劣化とは何?

私たちの体のコラーゲンが劣化してしまう原因…それは、「糖化と酸化」によるものであると言われています。

「糖化」とは、日々の食生活で摂取している食物に含まれる糖質が、 体内のタンパク質と結合して「終末糖化産物」と言われるSGEsと言う名の異常タンパク質を生成してしまう状態のことを指します。

また、「酸化」においては、一言で言えば体が錆びる状態です。
呼吸で体内に取り込まれる酸素のうち、使われずにに余ってしまった活性酸素が原因となって起こる老化現象の一つです。
激しい運動や紫外線の影響を受け、また不規則な食生活や喫煙習慣により、活性酸素が体の組織を劣化させてしまうのです。
コラーゲンは、あらゆる生活環境の悪影響を受け、加齢とともに体内で劣化現象を引き起こしてしまうのです。

コラーゲンの劣化がまねく弊害:フェイスラインの崩れ

コラーゲンは、私たちの肌の真皮層にある繊維の束です。
この束は網目状になっており、クッションの役割を果たしています。
体が糖化・酸化を起こしたとき、コラーゲンはダメージを受けて弾力性を失ってしまいます。
これにより、伸縮する力を失ってしまうのです。

コラーゲンが劣化することで、生成や合成が正常になされなくなり、古く劣化してしまったコラーゲンが堆積していきます。
コラーゲンが古くなっていくことで、肌の表皮を支える力が衰え、フェイスラインが崩れていくという悲しい現象に繋がってしまうのです。

コラーゲンの劣化を防ぐ方法とは?

このような加齢に伴うフェイスラインの崩れを防ぐには、どのようにしたら良いのでしょうか? そのためには、コラーゲンが劣化する原因の一つである「糖化・酸化」から体を守ることが重要なのです。

コラーゲンの代謝を促すには、出来るだけ良質なコラーゲンを積極的に摂取していくことが必要です。
代表的な食品としてあげられるのが、魚の皮や牛肉のスジ、鶏の手羽先や豚肉のモツなどでしょう。

ここで要注意なのが、このような動物性タンパク質由来のコラーゲンを多く含む食品は、カロリーが高めであるという点です。
毎日の食事でたっぷりと摂取するのは少々難しいかもしれません。
そんな時に有効なのが、サプリメントを利用して、良質なコラーゲンを摂取するという方法です。

体の糖化を防ぐには、食事の摂取法が非常に重要と言えます。
体の基礎代謝量を上げながら、「腹八分目の食事」「朝食を必ず摂取する」「加工食品や清涼飲料水を控える」というポイントを抑えながら食事をすることです。

朝食を抜くことは、かえって急激な血糖値の上昇に繋がってしまいます。
インスリンの大量分泌を防ぐためにも、食事は三度に分けて、少しずつ体に摂取させていくことが大切です。
満腹になるまで食事をすることは、糖の過剰摂取に繋がります。

規則正しく良質な食品を摂取することこそが、体の糖化や酸化を防ぐ手段と言えそうですね。