美顔器のパイオニア「ヤーマン」のブランドの中でも、最高峰の効果を誇る「フォトPLUS(フォトプラス)」シリーズ。
今回は、実際に「フォトPLUS EX(フォトプラスエクストラ)」を愛用中の2名によるレビューをお届けします。

目次

毛穴と乾燥が気になる・ナナ(20代後半)による、フォトPLUS EXの機能・効果レビュー
顔のたるみを解決したい・カナデ(30代後半)による、フォトPLUS EXの使い方レビュー

毛穴と乾燥が気になる・ナナ(20代後半)による、フォトPLUS EXの機能・効果レビュー

最近肌の乾燥と毛穴の汚れが気になるように....

今までトラブル知らずの肌だったのですが、最近乾燥と毛穴の汚れが気になるようになってきました。
外でスポーツをする機会が多いので、紫外線対策をしっかりと行っていてもどうしてもダメージが避けられず、口周りやおでこ、目の周りなどの乾燥が特にひどいです。 毛穴も角栓が残るようになってきたので、ファンデーションを塗ると毛穴が白く目立つようになってしまっています。

年齢とともに肌トラブルが増えていくのは知っていましたが、このままではダメだ!と思い美顔器を検討。
そこで、1台で様々な美容効果の期待できる「フォトPLUS EX」を使ってみることにしました!

機能がたくさん!1台で簡単に美肌に

美顔器というと、何かの機能に特化したイメージがあったのですが、 「フォトPLUS EX」は1台で6役の美顔器です。
ラジオ波で温めながらトリートメントをするため、エステで受けるフェイシャルのようなお手入れができます。

クレンジング、浸透ケア、表情筋のエクササイズ、フォト機能などが揃っているため、色々な肌悩みにアプローチができるという特徴があります。
紫外線のダメージを受けると、肌の弾力やハリが低下していくと聞いたことがあるので、ラジオ波で温めて美容成分を浸透させ、肌をふっくらとさせてくれる機能がとても楽しみです。

テレビを見ながらラクラクながら美容!

まずはイオンモイスチャーモードを使ってみました。 1番驚いたのは、ラジオ波の温かさです!温めに時間がかかると思っていたのですが、肌にあてた時点で温かさがしっかりとありました。
オンオフを繰り返しているので、熱すぎるということはありません。
肌がじんわりと内側から温まるので、とても気持ちよかったです。


コットンをつけ、美容液をしみこませてから使うのですが、ストッパーがマグネット式になっているので、スムーズにコットンがついてくれました。
説明書に、「水分が足りないと温感が弱くなる」と書かれていたので、美容液をたっぷりとつけておきました。


角質層まで美容成分を浸透させるので、いつものスキンケアよりも肌がモッチリとしました!
触ると吸い付くような肌触りで、肌にたっぷりと水分が補給されていることが分かります。
今回はコットンを使ってお手入れをしたのですが、シートパックの上からも使えるようです。
普段使っているシートパックと合わせて使い、どれくらい違いが出てくるのかチェックしてみようと思います!

温めながらクレンジング

毛穴の汚れが気になっていたので、フォトPLUS EXのクレンジング機能は頻繁に使っています。
ラジオ波で温めながらイオン導出機能でクレンジングを行うため、コットンに汚れが吸着するようなイメージで汚れが落ちていきます。
普段しっかりとクレンジングをして汚れを落としているつもりですが、コットンが茶色くなりました。
見えない汚れまで落としてくれるのが、コットンをみると一目瞭然です!

有効成分を奥まで届ける浸透ケア

クレンジングと反対に、イオン導入という機能で美容成分を肌の奥に届けていきます。 肌にはバリアが存在するため、ある一定以上成分が浸透しない仕組みなのですが、イオン導入を使うことでバリアを弱めて、美容成分を届けていきます。
グングン美容液が肌に入り込んでいき、トリートメントを終えるころには弾力のある肌に変わっていきます。

レベルを設定できますが、肌の調子が悪い時は高いレベルだと少しピリピリ感じました。 肌の調子に合わせてレベルを変えてあげるのがよさそうです。

EMSで表情筋を動かす

顔には多くの表情筋がありますが、なかなか全てを使うことはできませんよね。
表情筋は肌の土台となる存在なので、筋力が衰えることでハリが保てずたるみができてしまうことも....。
意識して動かすのが難しい表情筋ですが、電気刺激を与えるEMSを使えば、何もしなくても筋肉を動かすことができます!

フォトPLUS EXのEMSモードは、EMSとラジオ波が交互に切り替わります。
表情筋がピクピク動く感覚がするので、お手入れをしていると面白いです。 首や肩にも使えるので、肩こりケアにも使っています!

フォト機能でエステのようなお手入れ

エステで人気のフォトフェイシャルですが、赤色LED機能を使えば簡単に家でトリートメントができてしまいます。
他のモードでは眼球の上は使用NGですが、RF・LEDモードでは直接肌に当てなければ、まぶたも使用OKです。
じんわりと温かいので、使っていて気持ちいいです。

デリケートな目元を優しくケア

EXモデル限定の機能が、目元ケアに使えるマイクロカレント機能。
目元は皮膚が薄くとてもデリケートな部位になるので、微弱の電流を流すことで優しくケアをしていきます。
EMSのように電流が流れているのですが、微弱なのでピリピリ感を感じることはありません。 目の下は皮膚が薄く使える美顔器が少ないので、かなりおすすめの機能です。

お肌をキュッと引き締める冷却ケア

温めてトリートメントをした後は、冷却機能で肌を引き締めていきます。 温冷のどちらも行ってあげることで、潤いをしっかりとキープできる肌に整えることができます。 せっかくお手入れをしても、毛穴が開きっぱなしになっては意味がないので、引き締め機能は嬉しいですね! 他は週に2~3回の使用目安ですが、冷却は毎日使っても大丈夫のようです。
スタンプを押すように、肌にポンポンと美顔器をあてるのですが、ひんやりとして気持ちいいです。
入浴後や洗顔後など、肌をキュッと引き締めたいタイミングで気軽に使えるので、忙しい時期以外はほぼ毎日使っています。

くるみの個人的感想

たくさん機能があると何を使おうか悩んでしまいますが、自分が1番気になる肌悩みに効果的な機能から優先的に使っています。 時間に余裕があるときはフォトを使ったりと、気軽にお手入れを切り替えられるので、バランスよくお肌の悩みを改善できそうです。

顔のたるみを解決したい・カナデ(30代後半)による、フォトPLUS EXの使い方レビュー

わたしは最近、口元や目元のキメの粗さやハリの低下が気になるようになってきました。
更に、乾燥が酷い冬の空気のせいで、頬や口周りの乾燥もひどくなってきました。 何か美顔器を使って改善をしたいなと思いましたが、色々と肌悩みがあり何にしようかと....。
いろいろな美顔器を探してみましたが、毛穴ケアに特化したもの、ハリ・たるみに特化したものなど、どれにするか全然決められず。
結果的に、少しお値段は張るものの、1台で全ての悩みに対応できる「フォトプラスEX」がベストだ!と思うに至りました。

驚きの多機能!1台で6役?!

「フォトPLUS EX」には6つの機能が搭載されています。 肌の汚れを落とす「CLEANモード」、潤い浸透ケアの「MOISTUREモード」、温感フォト機能の「RF LEDモード」、マイクロカレントを使った「EYE CARE」モード、表情筋エクササイズができる「EMS UPモード」、そして引き締める冷却ケアの「COOLモード」があります。
この小さな機械の中に、これほどの機能が搭載されているなんて驚きですね!
まるでエステのフルコースを受けているように、「フォトPLUS EX」だけで一通りのお手入れができるようになっています。
色々とケアしたいと思っても、使う美顔器が変わると場所も取りますし、いちいち使い分けるのが面倒です。
これ1台であれば、ボタン一つでサクッとモードを切り替えられるので、しっかりそれぞれの機能を使えるような気がします。

まずはCLEANモードとRE LEDモードを体感!

もともとCLEANモードはあまり気にしていなかったのですが、汚れがコットンにつくということが説明書に書かれていて、気になったので最初に使ってみました。
毎日なんだかんだちゃんとクレンジングでメイクを落としているので、正直そんなに汚れがつかないと思っていましたが、 使ってみてこんなに肌が汚れていたのか....と、少しテンションが下がってしまいました。
白いコットンがベージュに変わっていて、汚れが取れていることが分かりました。 ラジオ波機能で温めながらイオンの力で汚れを吸着するので、目に見えない汚れが落ちてくれたようです! 今後は定期的にこの機能を使っていきたいです。

エステサロンで人気のフォト機能を体感できるRE LEDモードは、機械のヘッドが赤く光ります。 肌にあててあげるとじんわりと温かく、思わずうとうとしそうな気持よさです。 CLEANモードのように1回で目に見えて効果は実感できなかったので、継続して様子を見ていきます。 肌から離してあげれば、目元のケアにも使えるので、気になるキメの粗さ対策にも使えそうです。

今回は持っている普通の化粧水を使いましたが、すぐに肌が吸い込んでしまうので、もう少しとろみのある化粧水を使ったほうが使いやすいと感じました。
次はもう少し組み合わせを考えてみようと思います!

使って1カ月。モード別レビュー

「フォトPLUS EX」を使い始めて時間がたち、一通りすべての機能を使いました! 6つの機能があるということで、どれかしらの機能ばかり使うことになるかと思いましたが、意外とまんべんなくすべての機能を使っています。
今回は、それぞれの使用感をご紹介していきます。

CLEANモード:まずはこれ!汚れを落としてピカピカに

1番お気に入りのCLEANモードは、イオンの力で毛穴の汚れを吸着する機能です。 洗顔では落としきれない汚れを取り除けるので、これを使うと化粧水などの浸透がとても良くなります。
最初は毎回汚れがコットンにつきましたが、徐々につかなくなってきました。

MOISTUREモード:美容成分を肌の奥に

MOISTUREモードは、肌をラジオ波であたためて、イオンの力で肌の奥に美容成分を届ける機能です。
こちらとCLEANモードには振動をつけることができるのですが、振動ありで使うのが私のお気に入りです。
とても温かくて気持ちいいので、週に数回使っています。
シートマスクの上からも使えるので、お風呂上りの保湿タイムに使えば、時間の短縮にもなります!

EMS UPモード:肌がピクピク反応する?!

EMS UPモードは、微弱な電気刺激で表情筋を動かすモードです。
表情筋のうち普段使っているのは30%ほどしかないそうなのですが、「フォトPLUS EX」をあててあげれば、簡単に表情筋を動かすことができます。
ピクピクと反応するのが少し面白いです。
ハリの低下やもたつき改善に効果があるので、年齢肌におすすめの機能です。
定期的に使っていますが、口元が少し引きあがってきた気がします!

また同じような仕組みで微弱な電流を流すEYE CAREモードもあります。 こちらはマイクロカレントの微弱な電流なので、あてていても電流が流れているのは全く感じません。
皮膚の薄い目の周りに使える機能が搭載されているのが、かなり嬉しいポイントです。

RE LEDモード:赤いLEDでお肌をトリートメント

RE LEDモードは、肌を深部まで温めながら、赤色LEDでフェイシャルトリートメントができるモードです。
エステでも人気の光施術が家でできるなんて、本当に贅沢です。 まぶたやデコルテにも使えるので、首から上を丸ごとケアできます。

COOLモード:気軽に使える冷たいスタンプ

COOLモードは、ヘッド全体が冷たくなる冷却モードです。 ハリやキメを整える効果があります。
「フォトPLUS EX」を使う際は必ず最後に、こちらのモードを使うようにしています。 キメの粗さが気になる目元や口元にピタピタとあてていますが、スタンプを押している感じで気持ちいいです。
他のモードの効果もあると思いますが、COOLモードを使うことでより効果が高まっているのではないかなと思います。

「フォトPLUS EX」を使い続けると肌が少しずつ.....。こんな効果が出てきました!

「フォトPLUS EX」を使い始め、少しずつ肌にも変化が現れてくるようになりました。 6つの機能があるということで、どうしても使う機能に偏りが出てきてしまっていますが、肌悩みに合わせて使っていることもあり、効果を実感しやすいのかもしれません!
今回は実際に使い続けて、気づいたことについて詳しくご紹介します。

冬でも乾燥しらずのモチ肌に

「フォトPLUS EX」には、「CLEANモード」、「MOISTUREモード」、「RF LEDモード」、「EYE CAREモード」、「EMS UPモード」、「COOLモード」の6つの機能が搭載されています。

この中でも特にお気に入りなのが、「MOISTUREモード」!スキンケアを行う際、普段使っている化粧水をつけたあとにこちらのモードでお手入れをしています。
そのまま肌に化粧水をつけるよりも、振動とRF(ラジオ波)があるおかげなのか、肌への浸透が全く異なります。
グングンと肌に吸い込まれていくように化粧水が入っていくので、内側からふっくらとした肌に仕上げることができます。
コットンにたっぷりと含ませて使っていますが、冬でも乾燥に悩まされることがなくなりました。
さらっとしたタイプよりは、とろみのある化粧水がおすすめです。

週に1回はシートマスクを使い、その上から「MOISTUREモード」のフォトPLUS EXを使っています。 シートマスクは、シートがヒタヒタと汁気のある商品の方が美顔器を使いやすかったです。

使い続けて感じた良い点

「フォトPLUS EX」を使っていて、何よりもこの小さな機械に6つの機能がついている点がとても便利だと感じました。
それぞれの効果が肌に現れるというのはもちろんのこと、汚れを落とし、保湿を行い、リフトアップをするといった、幅広い機能を搭載しているため、ボタンをポチっと押すだけで簡単にお手入れ内容を切り替えることができます。

便利そうだなと思っていましたが、実際に使ってみると「ボタンで簡単切り替え」「本体が重くない」「サイズも大きすぎないので場所を取らない」という良さを感じました。
洗面台の収納に片づけられるサイズなので、お風呂上りや洗顔後に気軽にサッと取り出して使えるため、美顔器を使ったケアを習慣化することが出来ました。
こういった美顔器は三日坊主になりやすいので、ここまで続けられるとは思っていませんでした。

それぞれのモードの時間も約3分と短いです。 お風呂上りにスキンケアがてら美顔器をあてながら、のんびりTVを見ているとすぐに終わります!
1つの時間が3分なので、モードを2、3個組み合わせたとしても、約6分~9分となっています。
この時間であれば、普段バタバタと忙しい方でも、お肌のお手入れに時間をさけるのではないかと思います。

「フォトPLUS EX」は毎日使っていいの?肌への効果を引き出す使い方とは

1台で6つの役割を果たす「フォトPLUS EX」。 様々な機能があるため、1台で幅広い肌悩みに対応できる美顔器になります。 そんな「フォトPLUS EX」の効果を引き出すには、どういった使い方をすればいいのでしょうか? 基本的な使い方と合わせて、一押しの使い方をご紹介します♪

毎日使ってもいいの?おすすめの頻度は?

「フォトPLUS EX」には6つのモードがあり、そのモードによって最適な使用頻度が変わります。
「CLEANモード」、「MOISTUREモード」、「RF LEDモード」、「EYE CAREモード」、「EMS UPモード」は、週に2~3回が目安だと説明書には書かれています。 これらのモードは、イオンや光、微弱な電流を使うことで肌のお手入れをするため、少なからず肌に刺激が及んでしまいます。
そのため毎日使ってしまうと、逆に肌に悪い影響を与える可能性があるので、使いすぎないように気をつける必要があります。

一方で「COOLモード」は、毎日使っても問題ありません。 こちらのモードはヘッドが冷たくなるだけなので、行ってしまえば冷やしたスプーンを肌にあてているような状態です。
そのため、特に肌に刺激はありません。 毛穴を引き締め、キメを整えるためにも、スキンケアの最後に使ってあげるのがおすすめですよ!

色々な使い方をしたけど....これが特におすすめ!

「フォトPLUS EX」の機能はどれも魅力的でしたが、より効果を感じやすいという意味では「CLEANモード」と「MOISTUREモード」がおすすめです。
どちらも振動とRFをONで使ってみてください。肌がじんわりと温かくなり、振動がプルプルとしていてすごく気持ちいいです。
「CLEANモード」は、目に見えて汚れがコットンにつくので、蓄積した汚れが落ちていることが分かります。
また、洗顔では落としきれない汚れをスッキリすることで、その後使う基礎化粧品の浸透力が変わってきます。

この「CLEANモード」と合わせて使いたいのが「MOISTUREモード」。 浸透が良くなった状態にプラスすることで、化粧水や美容液の入り方が格段に良くなります。
週に2回このセットで使うようにしていますが、乾燥が気になるときはヒアルロン酸やセラミドを使った化粧水や美容液、日焼けや毛穴が気になるときはビタミンC誘導体が使われた美容液などを使うようにして、その時の肌悩みに合わせて使う化粧品を切り替えています。
コットンで「MOISTUREモード」を使うのも良いのですが、個人的に1番効果があったのが、とろみのある美容液をたっぷり使ったシートマスクを使ってお手入れをする方法です。
次の日の肌が本当にモチモチになるので、大切な日の前にはぜひこちらの使い方をしてみてくださいね。