夕方になると、だんだん気になってくるのが「足のむくみ」。
しっかりと対策がしたくても、ついそのままになっている人もいるのではないでしょうか。
そこまでひどくないから・・・、と足のむくみを放置していると、知らないうちに下半身全体が太くなってしまうことも!?

侮れない「足のむくみ」について、原因や改善方法をまとめました。

目次

夕方になると気になるふくらはぎ!足のむくみのはなぜ起こる?
足のむくみの放置はNG!簡単マッサージで対策を
マッサージからツボ押しまで!足のむくみがひどいときの対処法
押すだけで改善!?足のむくみによくきくツボ押しとは
夕方になるとブーツかきつくなる!ふくらはぎのむくみを改善するには
脚太にならないために!ふくらはぎのむくみを改善する方法
ふくらはぎを細くしたい!タイプ別の改善法とは?
引き締まったふくらはぎを!スッキリできるかんたんなストレッチ法
下半身が太って見える?!気になるむくみを解消するには
どうにかしたい足の疲れ!立ち仕事を上手に乗り切るには?
立ち仕事が足のむくみの原因に!その原因と改善方法とは?

夕方になると気になるふくらはぎ!足のむくみのはなぜ起こる?

朝はとてもすっきりしているのに夕方になると足がむくんでまるでゾウのようになるということはありませんか?
これはふくらはぎのむくみが原因になっていることが多いです。
ふくらはぎのむくみは脚のが太く見えてしまいますが、そもそもむくみはどうして起こるのでしょうか?

むくみの原因は同じ姿勢を長時間続けること

むくみは長時間同じ姿勢を続けるのが原因になっています。
例えばずっと立ったまま、もしくは座ったままだと重力がかかりますので血液が足に溜まったままになります。
ところが、仕事中はオフィスのデスクに座りっぱなしという人が多いはずです。
意識的に足を動かせば改善しますが、忙しくて集中していると気づいたら長い時間同じ姿勢になっていたということがあります。
そうなると、血液はもちろん水分や老廃物もスムーズに流れず足に溜まってしまいますので、それがむくみの原因となるのです。

運動不足、血行不良にも要注意

ふくらはぎは別名第二の心臓と呼ばれることもあります。
それほど体の血行に大きな影響を持っている場所なのです。
ふくらはぎの筋肉を使うことで、血液を送り出すポンプのような役割をしますので、心臓のポンプ機能を補っているというわけですね。
そのため運動不足などでふくらはぎの筋肉が衰えると、結構も悪くなってしまうのです。

筋肉はしっかりついていても、コリがある状態では上手くポンプの役割をしてくれませんのでやはりむくみの原因になります。
もし力を入れていないときでもふくらはぎが固いならば、コリがある可能性がありますので要注意です。

さらに、冷えに悩む女性も多いですが、冷えも血行の不良につながりますので、結果的にむくみの原因となります。
体のすみずみまで行き渡っている毛細血管が健康的に血液を運んでくれないと、全身の血の巡りが悪くなり、脚のむくみの原因となるのです。

塩分、水分もむくみに影響する!

さらに、食べ物や栄養素にも注意する必要がります。
具体的には、塩分の摂りすぎ、濃い味や塩味の食べ物を食べすぎることもむくみの原因となります。
体の中の塩分が増えすぎると体内で塩分濃度を調節する機能が働きますので、体内に溜まる水分の量も増えるのです。
塩分の濃度を下げるためですが、それがむくみの原因になります。

もちろん、塩分の量は適正でも、単純に水分を摂りすぎてもむくみの原因になります。
摂取する塩分量、水分量に気を付けるようにしてください。

オフィスで座り仕事をしている人など、むくみの悩みを抱えている女性は多いです。
しかし、むくみの原因を知って、それに応じた対策をすることで解消することもできます。
スッキリとした脚で毎日を快適に過ごせるようにしたいですね。

足のむくみの放置はNG!簡単マッサージで対策を

気になる足のむくみ、そのまま放置すると?

足のむくみをそのまま放置するとどういう影響があるのでしょうか? まずはむくみの原因となっている、体内の余分な水分や老廃物が溜まったままになってしまうということがあります。
夜寝て朝起きるとある程度スッキリしますが、水分や老廃物がそのままたまったままになることもあります。
そのままになると、血管を圧迫してしまい血行が悪くなってしまいます。
血行が悪くなると代謝も下がってしまいますので、足が太りやすくなってしまうこともあります。

それだけでなく、女性にとっては悩みのタネとなるセルライトもできやすくなりますので要注意です。
セルライトとは、脂肪細胞に体内の老廃物が絡み合うことで発生するからです。
むくんだ足をそのままにしておくということは、それだけでセルライトができやすい状態のまま放置しているということになるのです。
ひとたびセルライトができると、さらに脂肪がつきやすくなり、足がボコボコっとした感じになり、見た目もどんどん太くなってしまいます。

足のむくみを効果的に改善するマッサージ法

それでは足のむくみを改善するためのマッサージ方法をご紹介します。
まず太ももの周辺のリンパ節を流しておくことが重要です。
太ももの付け根、そけい部に重要なリンパ節があります。
まずあぐらをかいて座り、両手をそけい部にあて、ゆっくりと刺激してみてください。

次は、膝から太ももの付け根までを優しくなでるようにマッサージしましょう。
内側と外側を交互に、各5回ずつを目安に行いましょう。
今度は膝の裏を、指4本を使って擦っていきます。
太もも側にむかってリンパ節の流れをよくしていきましょう。

さらに、足首から膝に向けて、こちらも同じように指でなでていきます。
回数も左右各5回ずつを目安にして、足の甲、足の裏も続けてマッサージしてください。
一連の流れを膝から足に向けて行ったあとに、今度は逆に足から膝に向けて逆方向に同じことをやってみてください。

マッサージの強さですが、痛みを感じるほどの強さは必要ありません。
優しく撫でるようなイメージで大丈夫です。
時間があるときはクリームやオイルを使って滑りをよくし、肌をいたわりながらマッサージをするのがベストです。

マッサージからツボ押しまで!足のむくみがひどいときの対処法

足のむくみがだんだんひどくなると、パンプスもきつくなり、最終的にはゾウのようになってしまいます。
そんなときに飲み会やデートの誘いがあっても大丈夫なように、むくみの対策方法を知っておくと安心です。
どうしても気になってしまいます。
今回は、むくみが気になるときにスッキリさせるオススメのむくみ対策法をご紹介しますので、ぜひ役立ててくださいね!

空いた時間にできるツボ押し法

ふくらはぎの老廃物を流すには委中というツボがおすすめです。
これは膝の裏のまんなかに位置するツボで、両手を使ってふくらはぎを包み込んで、その中指で委中を押してみてください。
座ったままで大丈夫なので、オフィスで座り仕事をしながら委中のツボを押すことができます。
ツボを刺激して、足をバタバタと動かすようにすれば、老廃物が効率よく流れていきます。

オフィスでもできる簡単マッサージ

マッサージと言っても色々な方法がありますが、まずはオフィスで座り仕事をしながらできる簡単マッサージを試してみてください。
まず座った状態でつま先を立てて、足の甲を伸ばすようにして足の指を折り曲げましょう。
そして反対側に指を曲げて、指先の血行を促進していきます。

次に、今度はかかとを床につけてから、つま先を天井に向けます。
左右交互に、しっかりとつま先を真上に向けるということをしていけば、ふくらはぎの巡りも改善するはずです。
さらに、膝裏にあるくぼんだ部分を手の指を使って押すことで、リンパ節を刺激してみます。
指で刺激するだけで老廃物が流れて行きますので、足をスッキリさせることができるのです。

座ってできる簡単ストレッチでスッキリ!

次に座った状態でできる簡単ストレッチをご紹介します。
両膝を揃えて椅子に座り、つま先は床につけて、かかとだけを上下に動かしてみましょう。
10回を目安を動かしたら、今度はかかとをゆかにつけて、つまさきの方を上下にうごかします。

次に行うのは、足首をぐるぐる回すことで、リンパの流れをよくする方法です。
まず片方の足の足首を反対の足の膝に乗せ、その状態で足首を10~15回ぐらい回してみます。
反対側の足も同じように行うだけで、血行が促進されていきます。
人前でやるのが気になるときは、トイレに行ったときにやってみるのがおすすめですよ。

ちょっとした休憩時間に屈伸をするだけでもかなり改善します。
座ったまま同じ姿勢でいると、ふくらはぎがどうしても固くなってしまいます。
気がついたときに軽く動かすだけでも、血行やリンパの流れがよくなります。

むくみは対策なしで放置するとどんどんひどくなっていきますが、ちょっとしたエクササイズで改善させることもできます。
覚えるまでは大変かもしれませんが、慣れれば簡単ですので、ぜひ試してみてくださいね。

押すだけで改善!?足のむくみによくきくツボ押しとは

午後になるとむくみで足がパンパンに張ってしまう…。
こういう状態になると、体重は同じでも足が太く見えてしまいますので厄介ですよね。
むくみの対策法としていろいろ試している人は多いかと思いますが、実は押すだけでむくみ解消効果が期待できるツボがあります。
今回は足のむくみとツボ押しの関係についてみていきます。

足のむくみの原因、おおざっぱに言うと…?

まずは足のむくみの原因をチェックしておきましょう。
足のむくみの主な原因としてあげられるのが、血行が悪くなることです。
血行が悪くなると、体内にたまった水分や余計な老廃物が取り除かれず蓄積されてしまいますので、それによって足などにむくみが生じてしまいます。
女性は特に体の冷えが起こりやすいため、血行不良になりやすく、その結果むくみが起こりやすいのです。

もう1つは、血液を送り出すためのポンプの役目も持っているふくらはぎの筋肉が運動不足などで衰えると、それが血行不良の原因となり、むくみをひどくさせてしまいます。
オフィスワークで丸一日中座りっぱなしという人もいるかもしれませんが、血流もリンパの流れも滞っている可能性がありますので注意が必要です。

ツボ押しでむくみ改善は可能?

むくみの原因が血行不良にあるとすれば、ツボ押しでむくみ解消ができるのも納得ですよね。
人間の体にはたくさんのツボがありますが、ツボを刺激することで自律神経を整えてくれたりして、血行促進に結びつくものが多いからです。
体内の水分の排出など、体のめぐりを良くしてくれるツボもありますし、筋肉の緊張をほぐしてくれるツボを押すことでも、血行促進効果が期待できます。

足のむくみに効果的なツボって?

それでは、足のむくみに効果的なツボとしてはどのようなものがあるのでしょうか? まず最初におすすめしたいのが、足の裏にある湧泉です。
場所は土踏まずの少し上の位置にあります。
湧泉は色んな症状に効果的ですので、万能のツボと呼ばれることもあるぐらいです。
血行促進による足のむくみ解消のほかにも、肌荒れ対策や、筋肉の疲労回復にも効果が期待できます。

湧泉を押すコツは、少し強めの力で刺激することです。
親指を使って、心地よく感じる程度に強く3秒程度押してみましょう。

もう1つご紹介したいのは、内側のくるぶしから上に指4本分の位置にある三陰交です。
このツボはむくみ解消のほかに便秘対策、そして生理痛対策にもなります。
三陰交はそこまで力をかける必要はありませんので、優しく刺激してみてください。
こちらも親指を使って、力は弱めで5秒ぐらい押してみましょう。

今回はむくみ対策におすすめのツボをいくつかご紹介しました。
時間やお金をかけてマッサージをするのもよいですが、思い出したときに押すだけと手軽にできるツボ押しもおすすめです。
むくみから開放されてスッキリできるように、継続的にツボ押しを行ってみてください。

夕方になるとブーツかきつくなる!ふくらはぎのむくみを改善するには

夕方になると、脚のむくみが気になってくるということはありませんか? 午前中は問題なくても、夕方になるとブーツがきつくなったり、パンプスが痛くなったりすることがあります。
こういう人は、ふくらはぎのむくみが発生している可能性がありますので要注意です。
今回は、ふくらはぎのむくみの原因と解消法についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

夕方がくるとふくらはぎがむくむのはなぜ?

午前中は大丈夫でも夕方になるとふくらはぎがむくむのはなぜなのでしょうか? その理由のひとつとして、血行不良とリンパの流れの悪化があります。
ふくらはぎはもともとはその筋肉が血液を送り出すポンプのようになっています。

ところが、何らかの原因でポンプのようにはたらかなくなると、足の血行が悪くなり、老廃物がたまることでむくみにつながります。
女性はふくらはぎの筋肉が弱いことが多いため、ポンプとしての役割を果たしていないことが多いです。

ふくらはぎがポンプの役割を果たさない理由としてブーツもあります。
ブーツを履いていると足首がブーツの形に固定されますので、筋肉が動かなくなるからです。
血行が悪くなると冷えの原因となることもあり、冷えが原因でむくみがひどくなることもあります。

ふくらはぎのむくみ改善法

ふくらはぎのむくみを改善するには、足をたくさん動かすことが重要です。
デスクワークをしているときも、足首を回したり、足をバタバタ動かしたりすることで血行が改善します。

デスクの下で目立たないように足を動かしたり、かかとやつま先を床に付けて動かしたり、屈伸をしたりするのもおすすめです。
夜帰宅したらむくみ対策を行って、翌日にむくみを持ち越さないように気をつけましょう。
例えば、お風呂に入るときは浴槽にじっくりとつかって足のマッサージを行うと良いでしょう。
入浴後は体が温まっていますので、そのタイミングで軽くストレッチをしてむくみを解消します。

むくみ対策グッズとしては、圧力タイツやストッキングを使ってみるのがおすすめです。
また、むくみ対策になる栄養素として、カリウムをたくさん含んだ食事をとるとよいでしょう。

ふくらはぎのむくみがひどくなると、パンパンに張ってしまい、見た目からも分かるようになってきます。
綺麗な美脚をキープするためには、効果的にむくみを解消する方法をぜひ知っておきたいものです。
ぜひ今回ご紹介したむくみ解消エクササイズを試してみてくださいね。

脚太にならないために!ふくらはぎのむくみを改善する方法

夕方が近づいてくると、ふくらはぎのむくみで脚がパンパンになってしまうという女性はとても多いです。
むくみが原因で脚が太く見えてしまうのも悩みのタネですよね。
そんな脚のむくみにはどんな原因があるのでしょうか? 今回はふくらはぎのむくみの原因や改善方法についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ふくらはぎのむくみの原因は?

ふくらはぎがむくんでしまう原因は色々ありますが、同じ姿勢をずっと続けるのともそのひとつです。
むくみの原因は老廃物の流れず溜まってしまうことですが、座り仕事などでずっと同じ姿勢で動かないままでいると、リンパの流れも血行も悪くなってきます。
本来ふくらはぎは血液の流れをよくするためのポンプのような働きをしていて、第二の心臓と言われることもあります。
そのふくらはぎが長時間動かないままでいると、全身の血行が悪くなりますので、ふくらはぎだけでなく他の場所にもむくみが起こりやすくなります。

それに加えて、塩分を過剰に摂取しすぎるのもむくみの原因となります。
これは、たくさんの塩分が取り込まれると、体内の塩分の濃度が高くなりすぎないように身体が水分を溜め込んでしまうためです。
取り入れた水分が排出されずに身体に溜まることでむくみが起こりやすくなります。

ふくらはぎのむくみ、放置するとどうなる?

ふくらはぎのむくみをそのままにしておくとどうなってしまうのでしょうか? むくみをそのままにするということは、血行やリンパの流れが悪い状態をそのまま放置するということになります。
その結果、身体の代謝が落ちてしまい、エネルギーが消費されにくくなってしまいます。
日常生活で消費されるエネルギー量が減ってしまいますので、同じように生活していても太りやすくなってしまいます。

また、身体のめぐりがよくない状態で、さらに脂肪がつきやすくなりますので、セルライトができやすくなる場合もあります。
セルライトは見た目にも影響を与えてしまいますし、痩せづらくなりますので要注意です。

ふくらはぎのむくみを改善するには

ふくらはぎのむくみを改善するためには、マッサージで身体のめぐりをよくしてあげることが重要です。
仕事で疲れた身体をいやすように優しくマッサージして、血行を改善しつつリンパの流れをよくしていきます。
お風呂につかりながらマッサージをしたり、入浴後に行うのがおすすめです。
また、普段の食生活を振り返ってみることも大切です。
特に、塩分の摂りすぎはむくみに直結しますので、控えめになるように気を付けましょう。
塩分を身体の外に出して、水分の排出も促進する栄養素として、カリウムを積極的に摂るのもおすすめです。
カリウムはほうれん草やワカメにたくさん含まれています。
バナナやキウイのような身近な果物にも含まれていますので積極的に取り入れましょう。

ふくらはぎを細くしたい!タイプ別の改善法とは?

ふくらはぎの太さは脚全体の印象を大きく左右してしまいます。
スカートをはいたときなどによく見えるのはふくらはぎですので、スッキリ細くできればとても印象がよくなりますよね。
ふくらはぎが太いのにはいくつか原因があります。
まずは原因をチェックして、それに応じた対策方法を行っていきましょう。

むくみが原因ならこの改善法

朝よりも夕方の方がふくらはぎが太くなったり、ふくらはぎを指で強く握るとあと残るならば、ふくらはぎのむくみの可能性があります。
むくみでふくらはぎが太くなっているならば、適切な対策を行ってむくみの解消ができれば、脚が細くなります。

ふくらはぎのむくみはできるだけその日のうちに解消して、翌日に持ちこさないことが大切です。
そのためには、血行がよくなりリンパの流れも改善するように、ストレッチをしたりマッサージをするのが有効です。

着圧ソックスのようにむくみ解消をサポートしてくれるグッズもあります。
また、普段の食生活では、水分と塩分が大概に排出されるのをサポートしてくれるカリウムがたくさん含まれた食品を食べるのがおすすめです。

筋肉による固太りが原因ならこの改善法

もしふくらはぎを手で触ってみて、力を込めなくてもカチカチに固いなら、むくみではなく筋肉で固くなっている可能性があります。
通常筋肉は動かしたり力を入れないと固くなりませんが、疲れが溜まっていたり、冷えが原因で筋肉にコリが生じていることもあります。

場合によっては、筋肉と脂肪が同時につきすぎてしまっているということも考えられます。
普段の歩き方や姿勢が偏っている人は、筋肉のつき方も偏ってしまいますので注意しましょう。

ふくらはぎの筋肉が張りやすいのは、足の指が浮いてしまう浮指の状態です。
筋肉を柔らかくほぐしてあげることが大切ですので、手でマッサージをしてあげるのが有効です。
入浴中に湯船につかりながらマッサージをしたり、入浴後のマッサージで徐々にスッキリした脚に戻ってくれるはずです。

筋力不足で脂肪が多いならこの改善法

ふくらはぎを手で触ってみて、とにかくぷにぷにしているという場合は、筋肉が弱く脂肪が少ない状態です。
こういう人は、エクササイズでふくらはぎの筋肉を鍛えてあげるのがおすすめです。

といっても激しい運動は必要なく、かかとを上げ下げするという単純な運動でも効果が期待できます。
立った状態で壁などに手をついた状態で、かかとを上げたり下げたりすることで、ふくらはぎの筋肉を使うことができます。

入浴後に髪を乾かしながら行ったり、朝晩のハミガキをしながらでもできますので、ぜひ普段の生活に取り入れてみてください。

引き締まったふくらはぎを!スッキリできるかんたんなストレッチ法

スッキリ引き締まったふくらはぎを手に入れてお洒落を楽しみたいと思う女性は多いのではないでしょうか? ふくらはぎに自身があればスカートやスキニーパンツなども上手に着こなすことができますよね。
まずはふくらはぎが太くなる原因をチェックして、ふくらはぎを引き締めるストレッチを試してみましょう。

ふくらはぎが太くなる原因って?

ふくらはぎの太さを気にしている人はたくさんいますが、むくみがその原因になっていることも多いです。
特に、毎日座り仕事をしていたり、立ち仕事でも同じ場所で同じ姿勢で仕事を続けているとむくみが起こりやすくなります。
これは同じ姿勢を続けるとリンパの流れや血流が悪くなり、老廃物が溜まりやすくなるためです。

その他の原因としては、脂肪が原因でふくらはぎが太くなることもあります。
特に、セルライトになってしまうとやせにくくなり、太いふくらはぎが定着してしまうこともありますので要注意です。
セルライトは太ももにできやすいというイメージもありますが、ふくらはぎにできることもあるのです。

脂肪以外にも、筋肉がつきすぎてふくらはぎが太くなることもあります。
筋肉が発達するとキュッと引き締まりますが、姿勢の偏りなどで筋肉のつき方に偏りができると、ふくらはぎが張り出したようになることがあります。
ししゃも脚と呼ばれることもあり、筋肉のつき方も大切です。

ふくらはぎを引き締めるとどんなメリットが?

ふくらはぎを引き締めるメリットは、やはり脚のシルエットが全体的に細く見えるということがあります。
太ももが細くてもふくらはぎが太いと脚全体が太く感じられてしまいますので、ぜひ対策しておきたいところです。

また、ふくらはぎは血液やリンパの流れをサポートするポンプの役割も持っています。
ふくらはぎを引き締めてほどよくふくらはぎの筋肉をつければ、このポンプ機能も活発に働いてくれるようになります。
血行やリンパの流れが改善すると代謝もアップしますので、下半身が太りにくくなるというメリットもあります。

ふくらはぎを刺激するストレッチ

ふくらはぎを引き締めるためにはストレッチでふくらはぎを刺激してあげることが大切です。
空いた時間で簡単にできる方法として、前屈ストレッチがオススメです。

まず床に座った状態で両足を伸ばし、手でつま先をつかんで背中の筋肉を伸ばします。
背中が丸まらないように気を付けながら、無理をせず心地よいと感じる範囲で筋肉を伸ばしてください。
手がつま先まで届かない人は、無理をせずタオルを足に引っ掛けて行いましょう。

次は、立った状態で足を前と後ろに広げて前傾姿勢になります。
足のかかとが浮かないように気を付けながら、前に出した足を曲げることで後ろの足のふくらはぎを伸ばします。
左右の足を入れ替えて両足を順番に行いましょう。
どちらのストレッチも簡単な方法ですので、無理をしない範囲で試してみてください。

下半身が太って見える?!気になるむくみを解消するには

最近なぜか下半身だけ太ったような気がする、ということはありませんか? 太る原因の代表的なものは脂肪のつきすぎですが、下半身だけのときはむくみが原因のこともあります。
むくみが発生しやすいふくらはぎだけでなく、太ももにかけて下半身全体がむくむと、下半身が太って見えます。
そんなときは、むくみ解消法を試してみることで、下半身がすっきりスリムになる可能性があります。

下半身はどうして太くなる?

下半身が太ってしまうのは、体のむくみの影響である場合があります。
余計な老廃物や水分が溜まり、それが重力で体の下に蓄積することで下半身が太るのです。
影響はそれだけではなく、セルライトと呼ばれるものができてダイエットを難しくする原因ともなります。
セルライトとは何かというと、脂肪細胞に老廃物が絡まりあった状態のものです。

体のむくみで老廃物が蓄積すると、セルライトができやすくなるのです。

むくみ解消で痩せやすくなる理由

このように下半身がむくむのはダイエットの妨げになります。
余計な老廃物、そして不要な水分はリンパの流れを滞らせ、血行も悪くしてしまいます。
体の巡りが悪くなることで、さらに老廃物が蓄積しやすくなりますので、まさに悪循環です。
こうして太りやすい体質というものがだんだんできてくるのです。
そこで、逆にむくみを解消してあげることができれば、血行も改善し、リンパの流れも良くなりますので、代謝もアップし、痩せやすくなることが期待できます。
ダイエットをするには、むくみ解消を目指すのが効果的な理由はこのようなところにあります。

むくみを解消するには

それではむくみを解消するにはどうすればよいのでしょうか? まずはリンパの流れ、そして血行をよくしてあげることが先決です。

そのために簡単にできる足上げエクササイズをご紹介します。
まず床に寝転んだ状態で、天井に向けて直角に脚を伸ばしましょう。
そしてその脚をぶらぶらと揺らしてみてください。
こうすることで下半身に溜まっている水分が重力で流れ始めます。
重力の力を加えて、軽い刺激を与えることで血行が促進され、むくみの改善につながります。

気づいたときにこういったエクササイズをしつつ、普段から下半身の筋肉を鍛えておくのがおすすめです。
筋肉は血液を送り出すポンプのような役割もありますので、筋力アップは血行促進につながります。
シンプルで効果の高いスクワットを行うことで下半身を効率的に鍛えることができます。

どうにかしたい足の疲れ!立ち仕事を上手に乗り切るには?

毎日の仕事で立ち仕事が多い人は、常に足に負担がかかった状態になります。
仕事が終わる時間になると、だるさや痛みを感じてしまうこともありますよね。
足に疲れがたまってしまうと仕事に身が入らなくなってしまうこともあります。
今回は、足の疲れと立ち仕事の関係についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

立ち仕事が続くと足が疲れるのはなぜ?

まず、立ち仕事で足が疲れるのはなぜなのか、その理由についてみてみましょう。

足に疲労がたまる原因は、まずは筋肉が凝って固まってしまうということがあります。
立ったり座ったりならまだよいですが、立ちっぱなしになると、ふくらはぎの筋肉をあまり動かさなくなってしまいます。
そのことが原因で、ふくらはぎの血流の循環が悪くなってしまい、足に疲労物質がたまってしまうのが原因のひとつです。

同じ姿勢で立ち続けると、老廃物や水分の貯まりやすくなってしまいます。
足のふくらはぎは血液を押し出すポンプのような役割をしていますが、立ちっぱなしだとポンプの役割を果たさなくなるため、血行が悪くなり、老廃物がたまってしまうのです。

立ち仕事でも足が疲れないようにするには

足の疲れの対策方法としては、まずは姿勢を正しくすることが大切です。
姿勢が悪い状態で立ちっぱなしになると、普段はあまりかからない負担が関節や筋肉にかかってしまいます。
その負担を左右の足にバランスよく分散させることが重要ですので、正しい姿勢を心がける必要があるのです。
まず顎を引いて背筋を伸ばすことを意識してください。
おへその下に力を入れるようにお腹を引っ込めてあげるのも効果的です。

姿勢に気を付けつつ、たまにふくらはぎを動かしてあげることが大切です。
つま先やかかとを使ってふくらはぎを収縮させたり、屈伸などの軽いエクササイズをしてみるのもよいでしょう。

足が疲れたときの対処法

足に疲れがたまってきたら血流とリンパの流れをよくするようにしましょう。
たとえば、足を高い位置にあげるということをするだけでも効果的です。
できれば床に寝転んだ姿勢で足を天井に向けて上げて、ぶらぶらと動かして見てください。

入浴時に湯船にじっくりつかることも足の疲労を癒やすのにはとても有効です。
湯船に浸かりながら手で足をもみほぐしてあげると疲れがとれやすくなります。
リンパの流れをよくするためのマッサージも行いましょう。
足の爪先からふとももまで、手で優しくもみほぐしていきます。
リンパ節がある場所をほぐしていくことで、リンパの流れを改善することができます。

立ち仕事が足のむくみの原因に!その原因と改善方法とは?

普段の仕事がずっと立ち仕事の人は、夕方になると足がパンパンにむくんでいるということもあるのではないでしょうか。
むくみは見た目が太く見えてしまいますし、疲れを実感しやすくなります。
立ち仕事で足がむくんでしまう原因について考えて、対策を行っていきましょう。

立ち仕事が原因で足がむくむのはなぜ?

まずなせ立ち仕事で足がむくむのかということですが、これは足の筋肉が持っているポンプの役割がうまく機能しなくなるからです。
ふくらはぎは血液を送り出すポンプの役割がありますので、第二の心臓とも言われています。
このふくらはぎが、たったままの状態で動かないでいると、ポンプとしての役目を果たさなくなりますので、血行が悪くなったり、リンパの流れが悪くなります。
そうなってしまうと、水分や老廃物がたまったまなになりますので、それがむくみにつながるのです。

むくんだ足をそのままにすると?

夕方になってむくんでしまった足をそのままにしておくとどうなってしまうのでしょうか? 一晩寝ればよくなりそうな気もしますが、翌朝にむくみが持ちこされてしまうこともあります。
要注意なのは、むくみが出ているということは、血行が悪くなっているということですので、身体が太りやすい状態とも言えるということです。

むくみを放置していると、食べすぎたわけでもないのい太ってしまったということにもなりかねませんので、しっかりと対策をする必要があります。
むくみが発生したら、その日のうちにしっかりと解消するということを心がけるようにしてください。

むくみを改善するには

それでは、むくみを解消するにはどうすればよいのでしょうか。
まずはふくらはぎの筋肉を活性化させることが大切です。
第二の心臓と言われる通り、ふくらはぎが活性化すると血液を力強く押し出してくれるからです。
かかとを上げて下げるというような簡単なエクササイズでふくらはぎを刺激してみましょう。
仕事の合間に意識してふくらはぎを動かすだけでもむくみ解消効果が期待できます。

そして、全身の血行を改善して、リンパの流れもよくなるように工夫することが大切です。
全身の血行をよくするには、やはり入浴が効果的です。
仕事の疲れも解消できますので、じっくり浴槽につかるようにしてください。
湯船につかりながら手でふくらはぎをマッサージしてあげるのがおすすめです。

寝るときに効果的な方法として、足を高い位置に上げておくということがあります。
バスタオルをたたんだものやクッションを使って足を10cmほど高くするだけで血液の循環がよくなります。
簡単なことですので、ぜひ試してみてくださいね!